あの日の落書きを続けよう。

無料で出来るおすすめの遊び、暇つぶしをプレゼン①LINEボケ合い対決

暇。時間をつぶしたい。無料で。なんかいい遊びないかな。雨乞い以外で。

そんな悩みを抱えてうずくまっているカナブン男子のみなさんこんにちは。カナブンはメスですよ。

今日はやることがなくて困っている方におすすめの遊び『LINEボケ合い対決』を紹介したいと思います。

このゲームに必要なのはスマホと友人だけ。いつでもどこでも簡単に、無料で楽しむことが出来るのです。

ところでやることがなくて暇な状態とはどのようなものでしょうか。

仕事の多くがAIに取って代わられると言われて久しい2018年。シンギュラリティの待ち受ける未来に向け価値観のパラダイムシフトが止まらない2018年。時間との壮絶な競走に挑みし者達の雄叫びがタイムラインを埋め尽くし、NewsPicksからは新時代の嬌声が止むことはありません。そんな今日において、無料で出来るおすすめの遊びを求める人間とは。

すでに新世界に根城を築いたイノヴェーター。あるいは想像を絶する暇人。どちらにしても常軌を逸した存在といえるでしょう。

そして常軌を逸した人物像こそが、LINEボケ合い対決にふさわしいプレイヤーでもあります。この遊びのくだらなさは、とても正気の人間が耐えられるものではないのです。

LINEボケ合い対決のルール

それではゲームのルールを説明します。LINEボケ合い対決は至ってシンプルです。

・LINEのメッセージ上で唐突にボケる

・相手もボケてくるが構わずボケる

・適度に相手のボケを敬いつつ、ボケる

・身内ノリであろうが、つまらなかろうが、意味不明だろうがボケる

・ときどきツッコむ

以上5項目が守るべきルールですが、別に守らなくても大丈夫だと思います。恋愛と一緒でマニュアルはありません。

ただひとつ肝といえるのは、ボケのクオリティや面白さは気にせずスピード重視で畳み掛けると楽しいということです。

ではここからは実際に僕が友人と行った試合の模様をダイジェストでご覧ください。

LINEボケ合い対決 実演

まず突然僕から仕掛けます。

「ゆ」だけで俳句を作って送るというクソよりもクソみたいなクソが試合開始のゴングです。

15分後に対戦相手から返ってきたのは「ざっくばらん」だけで作ったセリフという、これまたクソみたいなカウンター。

僕はすかさず互いの1手目をスクショして送るという攻撃に転じます。

友人の追記と僕のスクショが入れ違いになってしまいました。このような不確定要素もこのゲームの醍醐味といえるでしょう。

このゲーム実は先行有利です。また文脈に関係なくワルシャワ条約とぶっこんでも反則にはなりません。

クソの応酬が続きます。しかしチャット上ならどれだけクソを撒き散らしても逮捕されません。

ここで「守備に徹する11:04」というメッセージを11:05に送ってしまう痛恨のミス。相手選手に主導権を奪われます。

相手のメッセージをコピペすることで動揺を狙います。

全然効いてません。

ハンムラビのオッチャンのプロフィールを説明する対戦相手。僕は「もしもしと言わないクセあり」というボケがツボに入ってしまいました。相手のボケが面白かったときは素直に讃えましょう。

試合は白熱を帯びていきます。

途中でうんこしたくなったらしてきても大丈夫です。そしてここで再度スクショ攻撃!

同世代じゃなければ通用しないJリーグ黎明期ネタ。

途中でブログ記事のネタを思いついたりもします。

そしてこの遊びを記事にすることも相手に通告します。

そう、この前ビートルズのボーカルが思い出せなくなりました。そんなことってあります?

ジョンレノンを忘れたんですけど、ゲーム中に対戦相手から教えてもらいました。

ジョージが思い出せない両者。

もう1人ビートルズのメンバー思い出せないという流れから再び始まる大喜利合戦。やたらとマルコポーロを絡めてくる相手選手。

乱れる風紀。

ポーロにツッコんでおいてからのポーロ攻撃。

強引に魔法使いメメを登場させてマルコポーロを退場させる。

完全に飽きつつある両者。

そしてお昼ご飯と共にゲームセット。勝敗は神のみぞ知る。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

試合中は楽しいものの、見返すと超クソだなって思う魅惑のゲーム『LINEボケ合い対決』

会議中や密入国中など暇だなーってときに、みなさんもぜひやってみてください!