あの日の落書きを続けよう。

マジで超絶ウルトラしてはいけない10の危険行為 歩きタバコ、ながらスマホより危ない!

『歩きタバコ』『ながらスマホ』『だろう運転』。

現代には危険な行為が溢れています。歩きタバコは危険かつ迷惑です。歩行中に吸ったタバコが空中を漂うガソリンに引火して「ド派手な大炎上」という事態になりかねません。たとえ「汚ねえ花火だぜ」と強がっても逮捕されます。

「ながらスマホ」も厳罰化と報道されたように社会問題といえるでしょう。運転しながらスマホをいじる。言うまでもなく非常に危険な行為ですね。最悪です。自動車や自転車、ショベルカー、マジックミラー号。どんな乗り物であってもスマホを使用しながらの運転は鬼危険です。やめましょう。

しかし、世の中にはこれらを遥かに上回る危険行為が存在しています。気の緩みは思わぬ大惨事を招きます。これから紹介する10の行動は絶対にしないよう心がけましょう。

絶対しちゃいけないよ!危なすぎる危険な危険行為10選

走り確定申告

走りながらの確定申告はふたつの意味で危険が伴います。

まず確定申告を走りながら行えば誤記入などミスが発生する確率が高まります。申告漏れが生じたり、後々追加徴税をするはめになったり、最悪の場合脱税で逮捕されるリスクがあるのです。

またふたつめとして、確定申告は高い集中力が求められる作業で神経も消耗します。ましてや走りながら行うとなればそこに体力的な疲労も加わるのです。周囲への注意は散漫になり、事故に巻き込まれたり、口論に巻き込まれたり、ホワイトタイガーから狙われていることに気付かなかったり、巻き込まれたりすることになりかねません。

確定申告は信頼できる税理士に相談のうえ、走らずに行うべきです。

ハモりティラノ

ハモることが好きで、ハモりに自信があるという方が注意すべきは「ハモりティラノ」です。

ティラノサウルスの雄叫びに対して、ついつい高音でハモりたくなってしまうという衝動は理解できますが、寿命をまっとうしたいのであればおすすめしません。

いくらハーモニーが美しくても、空腹のティラノザウルスの前では獲物の断末魔に過ぎないからです

彼らが「もっとも獰猛なテノールであることを忘れてはなりません。

ながら除霊

除霊には専門的なノウハウが必要です。木の棒に白くて細い紙みたいなのが貼り付けられてる、あの「除霊に使う棒」の振り回し方や、除霊感をかもし出す呪文的なやつのイントネーションが、除霊の成否を左右します。


何かをしながらの除霊はこれらのクオリティを著しく低下させます。結果として霊にナメられるため危険です。最悪の場合除霊する側が取り付かれてしまいます。

スマホをいじりながらの除霊、漫画を読みながらの除霊、ガンダムを操縦しながらの除霊など「ながら除霊」はモラル的にも霊的にも避けるべきです。

浮かび謝罪

謝るという行為は、申し訳なさと誠意を伝えあわよくば許してもらうためのアクションです。

それを空中に浮かびながら行ったら、相手はどう思うでしょうか?

「もういいですから、頭を上げてください」なんて言わないでしょう。すでに頭は上にあるのですから。

へりくだっている様子を演出するためにも、謝罪は降りて行いましょう。

ニヤケ地球外生命体接触

相手の立場にたって考えましょう。あなたのもとに宇宙人が訪ねてきたとき、ニヤけていたらどう思いますか?腹を立てるか、警戒するはずです。

インターホン越しに「あ、いいです」と面会すら断るでしょう。

逆をいえば、地球外生命体に接触を図るときはニヤけないほうが良いということでもあります。地球外生命体と会うときは第一印象を良くしましょう。

寝起きラモス

寝起きにラモスはシンプルに辛いですよね。眠いし。寝起きラモスはやめましょう。

テトリス&ゾンビ退治

ご存知のとおりゾンビ退治は非常に危険です。

一歩間違えば自分もゾンビになってしまう常に死と隣り合わせの現場で、テトリスをしながらゾンビと戦うのは言語道断。

戦士たるものたとえ敵であっても、ゾンビであっても敬意を忘れてはなりません。

またゾンビを倒しながら行ったテトリスの点数も伸びないと思われます。

冷やしキングギドラ

冷やし中華、冷やしうどん、アイスコーヒー。たいてい、冷やすことはプラスにはたらきます。

しかし決して冷やしてはならないのがキングギドラです。キングギドラを冷やすと、十中八九ガチギレされます。冷やされて怒らない怪獣はいないからです。首が三本あるので恐怖も3倍です。

恋愛とキングギドラは冷やさない。これが人生を充実させるコツです。

フラれフリーキック

心に傷を負い、なにも考えられない。失恋は悲劇です。恋は盲目と云われますがもっとも人を盲目にさせるのは失恋です。

なかでもフラれている真っ最中というのはテンションがまさに急降下しているときです。そんなときにフリーキックを蹴っても良い結果は出ません。

フラれている最中はフリーキックを依頼されても断り、フラれることに集中しましょう。

病み上がり最終決戦

病み上がりの状態はただでさえ無理をすべきではありません。にも関わらず、人生においてもっとも重要な場面であり、一番の思い出になる可能性も高い最終決戦という局面に病み上がりで臨むのは愚かというほかありません。

最終決戦の予定を延期して、ベストコンディションになるのを待つべきです。