あの日の落書きを続けよう。

世界は終わりだ。最後にメッセージを残しておく

私は仙人省所属の研究員 、ヤスダ・マノリーという。

唐突ではあるが、世界はおしまいだ。

別文明の誰かがこのメッセージに気づくという奇跡を信じて、この星で一体何があったのか、私が記したログを公開しておく。

2115.10.24 謎の仙人を捕獲

星野ヶ浦市内の河川敷にて、仙人後6ヶ月と思われる小型仙人を捕獲。

国際仙人法第63条に乗っ取り、パシッテミ仙人隔離施設に護送。

2115.10.25 正体の判明

仙人省所属の神谷・J・タツキ師団長による仙人カウンセラーを開始。

仙人の顔は酷くむくんでおり、会話は出来ない状態。

左臀部に埋め込まれたICチップの情報を解読。この仙人が第22-A団所属のエミヤ サトルであると判明。

仙人後6ヶ月経過していることから、仙人中になんらかの事件に巻き込まれ、倒れていたものと推測される。

2115.10.27 言語機能の回復

エミヤサトルが言葉を思い出す。

確認できた言葉は

「おもらし」

「ヤスデちゃん」

「先に誠意を見せてください」

「ワセリン泥棒」

神谷カウンセラーによれば、脳内ネットワークに深刻なバグが発生している状態とのこと。

2115-10.30 ドリルホルモン活性化

エミヤサトルのドリルホルモンが大活性。

ベネゼエラから大量の絵葉書が届く。

ドリルホルモンの影響であることは間違いなく、南米にも到達していることから、急遽対策本部を設置。

本部にはエメラルド・ジョーカーを招聘し、いざというときのために備える。

11.3

数日間おとなしかったエミヤサトルだが、この日パーマをかける。ドリルホルモンを利用したことは明らかであるが、神谷カウンセラーは「気分転換になるかも」と静観。

不吉な予感を感じる。

11.5

世界7カ国の半ズボン着用率が前日の倍に。
また、日本全国の小中学校で給食のメニューが全てサルサに変更される。他にもドリルホルモンの影響と思われる事態が世界中で散見された。

神谷カウンセラーは「まだまだ」

とエメラルド・ジョーカーへの業務委託を制止。異変は確実に進行しているというのに、なぜなのだ。

11.8

全世界の白ネコが黒ネコに変化。黒ネコは黒とネコに分離。

FIFAがオフサイドトラップ禁止を発表。

世界中のディズニーランドからドナルドダックとみられるアヒルが脱走。各地で糞を撒き散らす。

すべての沈没船が見つかる。

世界中でターザンが大流行。

以上が本日確認できたドリルホルモンの影響によって引き起こされた事件である。

取り返しのつかないことになる前にエメラルド・ジョーカーへ処分を委託すべきだ。

11.15

辺見えみりが二人に分身。

川崎カイヤが飛べるようになる。

メジャーリーグの外野手が全員守備をボイコット。監督は涙目。

フェラチオの概念が消滅。

官房長官が辞任。後任にハクション大魔王。

実物のロックマンが現れる。各国の軍隊による争奪戦が発生。

人類から横流しという発想が無くなる。

ドリルホルモンの影響はとどまることを知らない。

しかし神谷カウンセラーは微笑むばかり。
エメラルド・ジョーカーに直接仕事を依頼した。

11.17

エメラルド・ジョーカーの妻、彼女が全員浮気。
エメラルド・ジョーカーは仕事に身が入らず号泣するばかり。

11.18

神谷カウンセラーが失踪。

11.20

木こりの年収が跳ね上がり、ザザーン。

しゃっくりが止まらない人が爆発的に増え、ザザーン。

11.26

誰もエミヤサトルを止めることができない。もはや打つ手はなく、世界の混乱は加速していく一方だろう。

11.30

モモモモモモモ

12.31

良いお年を…。